遺伝子検査ジーンライフは安全な企業なのか?

遺伝子検査のジーンライフは信用できるのか?

 
ジーライフダイエット(Gene Life DIET)を試そうかどうか、迷っていますね?

 

メジャーリーガーのマー君こと田中将大さんがCMをしていて、すごく気になってて、それで購入の手前まで行ったんだけどアマゾンとかで類似品があったり値段が違ったりジーンライフでの値段より大幅に値下げされたものがあったりする→これに関しては調べた結果、転売目的で出された商品なのでアフターケアの対象外がとのこと)

 

実は、私自身もそうでした。そんなに高すぎるって商品じゃないけど、無駄金は使いたくないし、本当に信頼できる情報を提供してくれるのかって心配になるし。

 

口コミをみると、自分にあった食事の方法を教えてくれる、自分のタイプを教えてくれて参考になるなど良い口コミと、情報量が少ないなどの悪い口コミがあります。

 

あくまでも人の口コミで本当に参考になるかはやっぱりわからないから、自分で徹底的に調べてみることにしました。

 

私が調べた内容は大きな枠で3つです。

 

@ジーンライフって会社は信頼できるか?
A自分の欲しいダイエット情報を教えてくれるのか?
B他に同じような商品で良いものはないのか?

 

ジーンライフダイエットって商品をマジで購入しようか迷っている人は、見てくださいね。絶対損はありませんよ。

 

 

 

@ジーンライフって会社は信頼できるか?

 

先ず最初に、ジーンライフって会社が信頼できるのか?ってことです。

 

なぜ、そう思ったかって言うと、片手間で適当に調べて適当な結果を出されたのではお金の無駄だと思ったことと、自分の遺伝子情報を調べてもらうってことは、自分の身体の情報を知られるって事。

 

検査を受けるには、住所氏名生年月日を記載することになるわけで、自分の個人情報を完全に掴まれてしまうため、情報の転売漏洩をしないような、きちんと管理できる会社なのかってことが重要だと考えたからです。

 

 

ジーンライフの会社情報

 

会社名  ジェネシスヘルスケア株式会社
      (英語名:Genesis Healthcare Co.)
本社所在地
〒150-6026
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー26階
電話 03-5422-8506
設立日 2004年3月1日
資本金 3,778,192,002円(資本準備金を含む)
代表取締役CSR 佐藤バラン 伊里(創業者)
社外取締役 傳寳 幸三(株式会社ディーエイチシー)
社外取締役 三木谷 浩史(楽天株式会社)
研究所 ジェネシス遺伝学研究所(英語名:Genesis Institute for Genetic Research)
研究所所在地
〒150-6026
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー26階
ジェネシスヘルスケア株式会社内

 

 

上記がジーンライフの会社情報ですが、ここで「おっ!」っと思う点が3つあります。

 

遺伝子研究所を併設

一つ目は、遺伝子研究所をきちんと併設しているって事ですね。商品の販売だけで解析や解析からのアドバイスを他の研究所にお任せしているってとこともあるでしょうから、その点では、信頼できるところではないかって感じるわけですよ。

 

社外取締役に楽天とDHC

そして、次に目につくのが、社外取締役にDHCの人がいるということと、更に、楽天の社長で有名な三木谷浩史さんの名前があるってこと!

 

DHCだって化粧品やサプリのCMで有名だし、楽天の社長がかかわっているってことになると、やはりこれから伸びていく会社であることは間違いないかなって思うわけです。
衰退していくような会社、健全でない会社に三木谷さんの名前が載るわけないですからね。マー君(田中将大さん)CMに起用したのももともと楽天イーグルだったってことも大きいのじゃないでしょうかね。

 

なんとなくつながりが見えてきますね。

 

資本金の額が高い

そして3番目に目につくのが、資本金の高さですね。約38億もの資本金ですよ。

 

これ、どのくらいの規模かって調べたら、楽天は、204,562百万円(2016年12月31日現在)つまり2,045億円だから圧倒的に凄いわけですが、DHCが33億7,729万円なので、DHCと肩を並べる資本金ってことですよ。これは凄い。

 

最先端医療分野である遺伝子検査、DNA解析なのでしょうからお金がかかるのでしょうね。もしかするとこれ位は当たり前なのかもしれませんが、私からするとやっぱり凄いって思っちゃいます。

 

 

ジーンライフの個人情報管理は?

 

ジーンライフの個人情報管理についてですが、ジェネシスヘルスケアの誓約ってページがホームページに存在しています。

 

 

個人遺伝情報及び個人情報の保管・管理について
当社はお客様の個人遺伝情報及び個人情報の保管に万全の体制を導入しています。 日本の法律上、個人遺伝情報は個人情報保護法に基づいて管理を行っています。当社は個人遺伝情報取扱事業者であり、個人遺伝情報及び個人情報の取扱いは、経済産業省が定めているガイドライン(※1)並びに特定非営利活動法人個人遺伝情報取扱協議会の自主基準を遵守しており、個人遺伝情報の正確性の確保、安全管理措置、従業者の監督及び委託先の監督を行っています。尚、お客様の解析データは結果通知時から1年間保管しますので、期間中はいつでも結果が閲覧できます。検査後にお申出いただければ、個人遺伝情報及び個人情報のデータ削除も承っております。
※1「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン」(平成16年12月17日策定、平成29年3月29日改訂)

 

誓約として掲げています

 

簡単に言うと、個人情報については経産省の定めるガイドラインにのっとって行っていること、個人情報のデータは暗号化して保存している事(つまりデータを盗んでも暗号を解かないとみることが出来ないってこと)さらに、お客の解析データは1年保管したら捨てますよって事です。

 

上記で、ジーンライフって会社自体がしっかりしていると感じるレベルであるため、個人情報保護に関しても絶対ではないと思いますが、任せられるレベルじゃないかなって感じるわけです。

 

楽天の三木谷さんも、個人情報をおろそかにするような会社の取締役にはならないでしょうね。楽天自体も個人情報保護には気を使っているでしょうからね

 

なんてったって信用第一ですから。

 

 

 

ジーンライフの事業内容

ジーンライフって会社はどのようにして経営しているのか?ってことも、その会社が信頼できるのかって事に関わってくると思います。
下記が、ジーンライフの事業内容です。

 

@遺伝学的検査業務一般
A受託解析業務 (PCR、GWAS、シーケンサー、フルゲノム解析)
B遺伝学をベースとして研究開発
C遺伝子検査キットの開発・製造・販売及びOEM供給
D診断目的の遺伝子検査(がん、歯周病検査、薬物応答検査)
EAAV技術法に基づく遺伝子治療研究
F遺伝子因子及び環境要因の研究
GDNA Banking(遺伝子保存サービス)
H統計解析及び遺伝学を用いたバイオインフォマティックス
I遺伝子解析及び運用にかかわるITコンサルティング、ITソリューション、サービスの提供及びハードウェアの構築
J遺伝子情報の保管に特化したデータセンター
K遺伝子分野におけるセミナー及び教育関連業務

 

上記の情報で気になる点として2つあります。

 

一つは、遺伝子関係に特化した事業を全般的にやっている、遺伝子専門の会社であるって事。
Aの受託解析業務ってのは、他の会社とか病院とか研究機関などから依頼をうけて解析しているって事業でしょうから、本格的に解析業務をしている、他の会社や研究機関からも信頼をえているからこそできる仕事(業務)じゃないかって感じることですね。

 

そして、もう一つが、C遺伝子検査キットの開発・製造・販売及びOEM供給ってところですね。
特に、OEM供給(※OEMとは他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業)ってところ。

 

実は、DHCにも遺伝子検査ダイエットの商品があるんですが、ちょっと調べてみて、この商品がジーンライフで販売しているDIETって商品と非常に酷似しているんですよね。

 

その最もわかりやすい酷似点として、ジーンライフダイエットでは、肥満型を4つに分類しているんです。

 

【りんご型】
ご飯や甘いものをたべすぎると、内蔵脂肪がつきやすい!りんご.jpg

 

【洋なし型】
脂っこいものを食べ過ぎると、下半身に皮下脂肪がつきやすい!洋なし.jpg
【バナナ型】
筋肉がつきにくく、一度太るとやせにくい!ばなな.jpg
【アダム・イヴ型】
遺伝子より生活習慣が重要
アダム.jpg

 

上記の4つなんですが、りんご型や洋なし型バナナ型など、タイプ別にしている部分って、ジーンライフダイエットの登録商標なんですよ。それを、DHCがそのまま使っているわけです。
普通なら商標違反になってしまうはずなのですが、ジーンライフからのOEMならその限りじゃなくなりますよね

 

OEMについてわかりずらいかもしれませんので、一つ分かりやすい説明をしますが、例えば自動車メーカの日産ですが、この日産は軽自動車を全く作ってませんでした。その日産がスズキ自動車や三菱自動車からOEMを受けて作った車があります。エンブレム以外は全く同じな他社の自動車を見たことがある人もいると思います。実はこれがOEMなんです。

 

 

話しはそれましたが、この肥満型を使っていいのは、本来ならジーンライフのみってことなわけです。でも、ジーンライフが許可しているなら当然使っていいわけで、つまりOEMを受けているって事。

 

もっというと、DHCの遺伝子ダイエットの解析はおそらくジーンライフが行っていると思われるわけです。

 

つまりは、それだけの技術を持っていてそれを低価格で提供できるって事なわけですよ。

 

 

 

A自分の欲しいダイエット情報を教えてくれるのか?

必要な遺伝子情報か.jpg
ジーンライフダイエットは、信頼できそうな会社ってことがわかったけど、自分の欲しい情報を教えてもらえるのか?

 

やっぱりきっちりしたデータを元に必要なことを伝えてほしいですよね。

 

まさか、健康診断のように検査データをそのままみせられても何が悪いのか分からないですから。

 

まして、専門用語使われてもなんじゃ分からない

 

私自身、看護師をしているので多少のデータはわかっても医者じゃないからそこから見えてくる本当に悪いこととか分からなかったりします。

 

素人なら更に分からないですからね。

 

ジーンライフのデータ報告を色々調べたところ、メインは3つのことを教えてくれるようです。

 

@4種類の肥満タイプに分けて報告

ジーンライフのダイエット遺伝子検査では、
【りんご型】 
おなかポッコリの内臓脂肪型

 

【洋なし型】
下腹部、お尻、太ももから太るタイプ

 

【バナナ型】
細身体型だが太る時は全身

 

【アダム・イヴ型】
基本的には太りにくい

 

上記の4種類にわけて肥満タイプをレクチャーしてくれます。
まだ太っていない人にはそれを見ることで今後の対策が取れます。

 

また、現在太っていて自分自身がこれらに当てはまった太り方をしていないとかんじる場合もあるようですね。

 

これに対しての口コミ意見も多そうです。
実際は、その人の潜在的な太り方を遺伝子レベルで解析しているわけなので、全身ふっくらだけど下半身から本当は太りやすい状態になっているとか、下半身がダメだけどって人は、おなか回り実は固い状態で内臓脂肪がついているってこともあるようなので注意した方がよさそうです。

 

 

 

A食事について

食事ダイエット.jpg

 

ジーンダイエットの一番の特徴は食事についての報告とレクチャーのようです。

 

【りんご型】
糖質代謝が苦手
ご飯や甘いものをたべすぎると、内蔵脂肪がつきやすい!

 

【洋なし型】
脂質代謝が苦手
脂っこいものを食べ過ぎると、下半身に皮下脂肪がつきやすい!

 

【バナナ型】
たんぱく質を分解して消費してしますタイプ
筋肉がつきにくく、一度太るとやせにくい!

 

【アダム・イヴ型】
遺伝子より生活習慣が重要

 

この食事に関しては、ダイエット時に自分がどのような食べ物を摂取した方が良いのかとか、太りやすい食べ物の代用はどうしたら良いのかとかを書いてあるので口コミでも評判が良いですね。
ジーンライフダイエット遺伝子検査が選ばれている一番の理由はコレのようです。

 

ジーンライフダイエットでは、ウェブ報告のみの4298円のものとウェブ以外に紙記録で郵送してくれる6458円のものがあります。
ジーンライフダイエット検査を受ける人は食事ダイエットを考えている人が多いので郵送版の方が人気です。
しれは、手元でデータをスグ確認できるってことと、レシピ本がつくってことで人気が高いようです。

 

私の場合は、それを参考にするだけなのでウェブ版を頼みましたけど。。。自分に必要な情報だけしっかりと得たいですからね。

 

 

 

B運動について

運動ダイエット.jpg

 

ジーンライフダイエットでは、4つのタイプごとに運動の仕方のレクチャーもあります
ただし、運動法については力の入れ方が弱いようですね。

 

例えば、りんご型なら軽い運動で脂肪を燃焼させましょうとか、バナナ型なら筋トレメインでとか、食事ほどのアドバイスは無いようです。

 

 

 

 

 

Cまとめ

まとめ.jpg

 

ジーンライフダイエットを選ぶ場合は、食事を特に気をつけたダイエットをしたいとか、自分にあったレシピを知りたいって人(郵送版の方)に撮ってはかなり有効だけど、運動でのダイエットをメインにしたいって人にとっては、ちょっと情報不足だなって感じですね。

 

価格が比較的安く済ませたい人で、運動メインより食事を注意したダイエットをしたい人におススメです。

 

 

 

B他に同じような商品で良いものはないのか?

 

ジーンライフダイエットの肥満遺伝子検査以外にも似たようなサービスがないのか?って通常思いますよね。

 

私は、もっと良いものはないのかって思って調べました。

 

そしたら当然ながらありました!

 

 

@GeneLife DIET 肥満遺伝子検査キット
ADHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
B遺伝子博士 ダイエット遺伝子検査キット
CDNA SLIM ダイエット遺伝子検査キット

 

@は、当サイトで紹介中の商品だから割愛しますね。
ジーン.jpg
で、
AのDHCですが、こちらは、ほぼジーンライフダイエットと同じ、、、というか、ジーンライフダイエットのOEM商品だから内容自体変わらないようです。
DHC.jpg

 

違う点としては、どうもDHCの遺伝子キットは、検査後にDHCのダイエット対応サプリを購入してもらうよう遺伝的にあったダイエットサプリを提案するようですね。

 

もちろん、サプリメントをつかって食事制限のダイエットをしたいって人にとってはおすすめですが、先ずは、食事バランスを自分で考えたいって人は向かなそうです。

 

Bの遺伝子博士ダイエットですが、遺伝子検査を33タイプに分類して検査結果をお知らせ。さらに、遺伝タイプをカッコ悪い動物とカッコいい動物にわけ、カッコ悪いからおすすめの食生活や運動からカッコいい動物へと道ぶくレポートを提供してくれるようです。
博士.jpg
価格は、税別7800円とお手頃ではありますが、実はこれってウェブ(PCやスマホ)での報告のようです。紙記録での報告には、製本代として+3000円が必要。
また、この遺伝子博士もその人にあったダイエットサプリをお勧めしていく形のようですね。

 

この商品も自分の体質をしってサプリメントを有効利用してダイエットしていこうって人には良いのではないでしょうか?

 

CのDNASLIMダイエットですが、実は私的にいうと、GeneLifeDIETジーンライフダイエットとかなり良い勝負かなって思うのがこのDNA検査です。
迷う理由としては、最新の研究で肥満との関連が明らかになったFTO遺伝子を検査。肥満に関わる5遺伝子を検査しているってところ。
スリム.jpg
勿論、食事や運動のアドバイスもしてくれるんですが、食事よりも運動でのダイエット提案が強い感じです。筋トレやウォーキング、ジョギングなどの運動に興味があってそこからのダイエットを目指していきたい人はこのDNASLIMがおすすめかなって思います。

 

 

上記の似た感じの肥満遺伝子検査ですが、それぞれに特徴がありこれがよくてこれが悪いって風には決められませんが、私的には価格面と食事のアドバイスが欲しいことも、会社自体が信頼できそうっていうか伸びていきそうな会社であるため、ジーンライフダイエットを選んでしまいますね。

 

 

→GeneLife GENESIS 2.0の購入はコチラ♪