ジーンライフ ダイエット

肥満遺伝子って何?

肥満遺伝子ってどんなものか?肥満に関係するものとは想像つくけど実際何?って分からないよね。

 

「肥満遺伝子」とは肥満に関係する遺伝子

 

今現在、肥満遺伝子は約50種類が確認されているとのこと。
日本人の肥満に大きくかかわっているといわれる3種類を紹介します。

 

β3AR(ベータ3アドレナリン受容体遺伝子)
正式にはベータ3アドレナリン受容体遺伝子と言います。
このβ3ARという遺伝子は、日本人の34%が保有していて、この遺伝子を持っていない人に比べると、基礎代謝が1日200kcalも低いとされています。

 

・日本人の34%が保有し、基礎代謝が1日200kcal低い
・お腹周りが太っており、糖質の代謝が悪い
・糖尿病、高脂血症、脂肪肝に注意

 

 

UCP1(脱共役タンパク質1)
UCP1は脱共役タンパク質1や、アンカップリングプロテイン遺伝子と呼ばれる遺伝子で、日本人の25%がこの種類の遺伝子を保有しています。
UCP1遺伝子を持っていると、皮下脂肪がつきやすいという特徴があります。
UCP1遺伝子を持っていると、1日の基礎代謝が100kcalも低く、脂質の代謝が苦手で、痩せにくいために太りやすいのです。

 

アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP-1)保持者
・日本人の25%が保有し、基礎代謝が1日100kcal低い
・下半身が太っており、脂肪の代謝が悪い、痩せにくい
・がん、女性は子宮関係の病気に要注意

 

 

 

β2AR(ベータ2アドレナリン受容体遺伝子)
β2ARの遺伝子に変異があると、脂肪はそこまでつきやすいわけではありません。むしろ、ほっそりしていることが多いです。
この遺伝子の種類は日本人の16%が保有していて、基礎代謝が普通よりも1日200kalも高いので、逆肥満遺伝子ともいわれています。
筋肉もつきにくいので、一度太ってしまうと、なかなか痩せることができず、頑張っているのに、ダイエットできないということになってしまう遺伝子です。

 

β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)保持者
・日本人の16%が保有し、基礎代謝が1日200kcal高い、逆肥満遺伝子
・ほっそりとしており、筋肉がつきにくい。一度太るとと大変痩せにくい
・心臓病、うつ病、低血圧などに注意

 

 

→GeneLife GENESIS 2.0の購入はコチラ♪